やりたいことをやろう!

とりあえず、毎日思い立った事を書いて行きます。介護の事とか、趣味の事を多く話しています。

副業日誌②

こんにちわにわひよです。

普段はサグーワークスで、文章を作っています。

これから先、webライターとして生きていけたら良いなと思いプラチナライターのテストを受けました。受けたのは昨日なのですが、夜勤明けなのもあって寝落ちしてしまい、結局課題がすべて終わったのは今日の朝になってしまいました。

プラチナライターのテストを受けているときに思ったことは、まだまだ文章を書く力が未熟だなと思いました。

まず、文章を書くために重要なことは、ただ情報を羅列していくだけではなく、初めに結論を述べて、それからそれを裏付ける根拠をつける。最後にまとめて、分かりやすくすることを徹底しなければいけないなと感じました。

しかし課題を書いていて思ったのですが、文章の中身が薄くなってしまう事が多いので中身を濃くしてゆくことは一つの課題かなと感じます。一つ一つの情報が薄く誰でもわかる事を羅列しか書いていないのではないか。もっと、一つの情報を突き詰めて読者にここでしか聞いたことのないような情報を提供できるようにならなければと思います。

これから上達しなければならないことがたくさんあって、楽しみです。

副業日記①

こんにちわ。にわひよです。

最近、半年前に少しやっていたライティングでの副業をまた始めました。

仕事で心底疲れている時はやらないのですが、それ以外は毎日1~3投稿を目標にしてやっています。

使っているサイトは、サグーワークスというライティング専門のサイトでこつこつやっています。

一応クラウドワークスとか、ランサーズにも登録しています。でも、プロジェクトはハードルが高く、タスクは中々書けそうなものがないという事と、サイトが何となく見づらい事もあって殆ど使ってないです。

サグーワークスは、作った記事が微妙だと、非承認(アドバイス付き)になってしまうので、文字数が多い記事には手を中々出せず600文字ぐらいの記事を1時間前後かけて作っています。

とりあえずの目標は、月5000円稼げるようになることで、慣れたら月々1万円を目標にしていきたいなと思っています。

 ちょっと時間を置くと調子が良くなる論

こんにちわ。にわひよです。

趣味でのんびりダーツをしています。ライブでRt.5のへたくそです。

金欠気味なので、家にあるボードを投げて毎日1時間ぐらい、週に1回ぐらい3時間以上練習しています。

 

昔は調子が悪い時でも練習していたのですが、最近調子悪いときは練習しない方が逆に良いんじゃないかと思えてきました。

Rt.5のへたくそで何言ってんだって話ですけど一応根拠があるんです($・・)/~~~

 

基本的に毎日練習してるのですが、たまに物凄く調子が悪くなる事があって、矢があっちこっちに飛び回り、はじかれまくりで全然入らなくなってしまいます。

 

前はそれでも練習しなければ上手くならないと思い、イライラしながら練習しさらに矢が暴れて結局その日は、CU400行けば良いかなぐらいになってました。

 

それで一月前ぐらいにふと思いついて、調子悪いときは投げてても面白くないし、一回投げるのやめよう!…で投げるの2日ぐらいやめたんです。

 

それで3日目に、そろそろ投げてみるかなと思い立って投げたらなんか、Bullにポンポン入るじゃないですか!結局その日は、一時間投げてAVG531のbull30%でした。いやー、今までで一番の好成績だったので、めちゃくちゃ気分よかったです。

 

で、その日以降ほとんどAVG480~520ぐらい毎日出てます。

多分、調子悪いから何とかしなきゃと思い込んで無意識に力んでしまうのが原因で調子が下がるんだと思うんですよ。なので、調子悪いときは時間を置いてリラックスして投げられるようにするのがいいんだなと感じました。

上手い人は、そのリラックスするのを一日の中で出来る人だろうなとも思ったので、なんかこうメンタルトレーニングもせねばと実感しましたね。

とりあえず、座禅くんで瞑想でもやってみます。

 

閲覧ありがとうございました。

カッとなってしまった時のクールダウンの方法3つ

こんにちわ。にわひよです。今日はエレベーターで下に降りようとしていた利用者様にもう夜なので、遠慮して欲しい事を伝えるとしこたま殴られました。私も人間ですのでお腹の中で怒りに震えていたのですが、利用者様に怒鳴るわけにもいかないしどうしようもないので、そっとクールダウンして落ち着くようにしました。

多分、利用者様と関わっていく中で多かれ少なかれ腹を立ててしまう事はあると思います。そんな時に、落ち着くための方法を3つ紹介したいと思います。

続きを読む

トイレ誘導の声掛け3つ

こんにちわ。にわひよです。

トイレ誘導のときに、なんて声をかけようか悩みませんか?私はいつも、ただトイレに行きましょうと声をかける事は失礼になるかもしれないし、周りくどいと伝わらない。さてどうやって不快な思いをさせることなく、トイレに連れていけるかなと考えます。

利用者様一人ひとりで感じ方も変わるので、声掛けもそれぞれに合ったものになりますが、ここでは周りにトイレに行くと悟られづらく、拒否なくトイレに行きやすい声掛けを3つほど紹介したいと思います。

 

1,耳元で『お手洗いに行かれませんか?』と伝える。

多分これは、皆様やっていると思います。やはり他の利用者様に聞こえないような距離から本人にだけ聞こえるようにすることが、周りに悟られづらく拒否もないと思います。

 

2,ジェスチャーでトイレに行くことを伝える。

声掛けではないですが、利用者様は高齢者なので、小さい声では聞こえない時があります。そのような方には声掛けで伝えるとどうしても大声になってしまいがちなので、周りに見えないように、ジェスチャーをしてトイレに誘導します。

私はよくトイレの方向を指差しして、トイレに行かないかと確認しています。

 

3,『少し歩きませんか』

最後の言葉かけは、ご自身で排尿感覚がない利用者様に使っています。自信で排尿感覚がない方は、トイレにお誘いしても行きたいといった気持ちがない為、拒否をされる場合があります。しかし、排尿感覚がないだけで、排尿自体はされている為こちらで介入しないと漏れになってしまい尊厳を傷つけることになります。

なので、まずトイレに行く以外の言葉かけで立ち上がってもらい、その後で『立ち上がったついでに、お手洗いによりましょう』と伝えることで拒否されづらくなります。

この時に『お手洗いによりませんか?』等相手に判断を委ねる聞き方をすると、『今はでないからいい』、『後で行くよ』等拒否される可能性が上がってしまうので疑問形で聞かない方が良いと思います。

 

以上3つ程思いついたものをまとめてみました。他に思い付いたら、またまとめて行きたいと思います。

ここまで、閲覧ありがとうございました。

初めまして

初めまして、ようこそいらっしゃいました。にわひよと申します。

私は、現在老健介護福祉士として働いています。今年で5年目になります。

日々仕事をしていく中で、利用者様とのかかわりや援助の方法について思う事があったのでつらつらと書いて行きたいと思います。

このブログを見に来てくれた介護士さんの困った時の助けになればよいと思います。

介護に携わったことのない人も、介護の仕事ってこんな感じなんだなと感じてくれると嬉しいです。

それと、介護の仕事の話だけじゃなくて、落ち込んだ時、やる気が出ない時に頑張れるようになる手助けになるような記事を書いていけたら良いと思います。